Lorem

心拍変動(HRV)による
ストレスとコヒーレンス分析

TimeWaver技術と
組み合わせたHRV

活力指標としての心拍

生命のすべてのリズムは、私たちの心臓の鼓動に反映されます。ですから、心臓をセンサーとして、現在の健康状態を把握することは自明の理だと言えるでしょう。心拍変動(HRV)は、自律神経系が生理的プロセスをどの程度制御しているかを測定するもので、内面のバランスと活力の重要な指標となるものです。

その反応速度は、私たちの意識よりもはるかに速く、広範囲に及びます。ですから、心臓の鼓動、呼吸、消化、代謝などの生命維持機能は、意図的に操作することはできず、私たちの意図とはほぼ無関係に動いています。

内面バランスの発見

食事、ライフスタイル、スポーツなど、HRVに影響を及ぼすさまざまな要因に関する正しい知識は、全人的な健康増進に役立ちます。TimeWaverはストレスの値やバイタリティに関する情報を示すHRV測定技術をTimeWaver Cardioシステムで提供しています。

個人の課題を考慮し、ストレス要因に対応することができます。HRVの解析結果をもとに、TimeWaverシステムで情報フィールドでのより深い解析が可能になります。その結果、隠された不均衡の要因を分析し、調和させることができるのです。

この方法は、特に次のような応用分野に適しています。

再生とストレス管理

スポーツ
活動

インタラクティブなコーチング・セッション&コンサルティング

HRV測定とパラメータ

HRV測定では、約5分間にわたって心拍が記録されます。結果はグラフで評価され、3グループに分けられます。

HF帯域

高周波:
0.15 ~ 0.4 Hz

LF帯域

低周波:
0.04 ~ 0.15 Hz

VLF帯域

超低周波:
0.04 Hz以下

HF帯域

高周波:
0.15 ~ 0.4 Hz

LF帯域

低周波:
0.04 ~ 0.15 Hz

VLF帯域

超低周波:
0.04 Hz以下

各帯域に於いて、心拍の時間間隔を個別に測定し、それぞれを乗算して集計します。こうして得られた総和は、各帯域の「パワー」と呼ばれ、ms²単位で表示されます。LFパワー(副交感神経領域、安静時)とHFパワー(交感神経領域、活動時)の比率は、健常者では1.5~2.0が望ましいとされています。

TimeWaver Broschüren

パンフレットをご注文ください

読むことは、理解することTimeWaver製品パンフレットをPDFファイルとして注文し、TimeWaverの詳細を知ることができます。

TimeWaver Präsentation

オンライン・プレゼンテーション

見ることは、理解することオンラインプレゼンテーションを体験し、TimeWaverシステムで実現できる内容をご覧ください。

注意事項:TimeWaver Cardioパルスシステムは、いかなる疾病や病状の診断、治療、治癒、軽減、予防を目的としたものではなく、また適切な医療の代替となるものでもありません。情報分野技術は、TimeWaver社の独自技術です。精神と物質が交信する非物質的領域がInformation Field(情報フィールド)であるという理論に基づいています。これは、私たちがライフイベントの精神的な意味をどう考えているかを反映したものです。このようなフィールドの存在は、科学文献で議論されています。Information Field(情報フィールド)での分析は、Information Field(情報フィールド)の調和に寄与する情報パターンを探索することを目的としています。このため、物理的な騒音源のデータを評価することで、リストに配列された説明などのコンテンツに優先順位をつけます。当社のユーザーエクスペリエンスでは、この優先順位はユーザーにとっての関連性を反映しています。Information Field(情報フィールド)での分析は、ユーザーの意図など、分析時の様々な要因が複合的に反映されます。異なる時間に分析した場合、環境変数の変化により、異なる結果が得られる可能性があります。TimeWaverは、管理され無作為化された参加者のグループにおいて、非盲検のビフォー/アフター調査を実施しました。これらの調査は、応用後の参加者のウェルビーイングが高くなったことを示しています。これは、気やプラナとも呼ばれる生命エネルギーが、Information Field(情報フィールド)の調和によって再び流れ出すためだと考えられます。これは独立した研究では確認されていません。