Lorem

TimeWaverと
マーカス・シュミーク

未来に向けた技術と科学

TimeWaver情報フィールドテクノロジーと周波数応用は、現在世界中で2,000人以上のユーザーにより利用されています*。ユーザーは皆、今日の科学知識と最先端技術の継続的な進歩が、意識や明確な価値と結びついて、全人類のためにより良い未来を創造できると信じています。

TimeWaver社は2007年に設立され、情報フィールドテクノロジーと周波数応用の分野で、革新的な医療製品と新発想の開発を着実に推進しています。数年のうちに、TimeWaverの構想は、広告やマーケティングのサポートなしに、多くの国で、ウェルビーイングやホリスティックヘルスといった専門的な用途だけでなく、ビジネス、コーチング、家族分析、自己啓発といった分野でも、多大な成功を収め、継続的に利用されるようになりました。

当社は、ベルリン近郊のクレンツリン城を拠点に活動しています。美しい古い城内で開催されるセミナーもあります。ご来社いただければ、私たちの企業理念を直接知っていただけると思います!

TimeWaverは人類に奉仕します

私たちの成功は、パートナーやユーザー、友人たちの成功でもあるのです。人と人との信頼関係は、私たちにとって最重要な価値のひとつです。

TimeWaverは、研究開発分野でもトップクラスの力を発揮しています。当社は、情報フィールドテクノロジー、量子物理学、統合応用、ホリスティックヘルスに関する最も関連性の高いシンポジウムやイベントにも参加

私たちの成功は、パートナーやユーザー、友人たちの成功でもあるのです。人と人との信頼関係は、私たちにとって最重要な価値のひとつです。

TimeWaverは、研究開発分野でもトップクラスの力を発揮しています。当社は、情報分野技術、量子物理学、統合的応用、ホリスティックヘルスに関する最も関連性の高いシンポジウムやイベントにも参加しています。

タイムウェーバー 会社案内

会社案内では、タイムウェーバーと私たちの取り組みについて、必要な情報がコンパクトにまとめられています。ぜひご覧ください。

マーカス・シュミークとTimeWaver

発明家、起業家、先覚者:マーカス・シュミークは、少年時代から既にコンサートピアニストやチェスの名手として長いキャリアを積んでましたが、物理学を学びながらインドの僧院で数年間を過ごすことを決意しました。

シュミークは、今日の自然科学の問題は、精神性や哲学の力を借りずに解決することはできないと考えるようになっていました。この3つの学問を総合することが、シュミークの人生において最重要であり、指針となっています。

彼はTimeWaverの活動に加え、科学、哲学、医学をテーマとした講演会を世界中で開催しています著書や科学論文も数多く執筆しています。

さらに、実存的意識研究所(ECR)とベルリン近郊の応用意識研究所(IACR)の創設者として、物質と意識の相互作用を研究しています

TimeWaver Broschüren

パンフレットをご注文ください

読むことは、理解することTimeWaver製品パンフレットをPDFファイルとして注文し、TimeWaverの詳細を知ることができます。

TimeWaver Präsentation

オンライン・プレゼンテーション

見ることは、理解することオンラインプレゼンテーションを体験し、TimeWaverシステムで実現できる内容をご覧ください。

情報分野技術は、TimeWaver社の独自技術です。精神と物質が交信する非物質的領域がInformation Field(情報フィールド)であるという理論に基づいています。これは、私たちがライフイベントの精神的な意味をどう考えているかを反映したものです。このようなフィールドの存在は、科学文献で議論されています。

Information Field(情報フィールド)での分析は、Information Field(情報フィールド)の調和に寄与する情報パターンを探索することを目的としています。このため、物理的な騒音源のデータを評価することで、リストに配列された説明などのコンテンツに優先順位をつけます。当社のユーザーエクスペリエンスでは、この優先順位はユーザーにとっての関連性を反映しています。Information Field(情報フィールド)での分析は、ユーザーの意図など、分析時の様々な要因が複合的に反映されます。異なる時間に分析した場合、環境変数の変化により、異なる結果が得られる可能性があります。

TimeWaverは、管理され無作為化された参加者のグループにおいて、非盲検のビフォー/アフター調査を実施しました。調査結果は、使用後の参加者のウェルビーイングが高くなったことを示しています。これは、気やプラナとも呼ばれる生命エネルギーが、情報フィールドの調和によって再び流れ出すためだと考えられます。これは独立した研究では確認されていません。