Lorem

情報フィールド

深い背景を探る*

いわゆる情報フィールドは、もともと1970年代後半にドイツの物理学者ブルクハルト・ハイム(ヴェルナー・ハイゼンベルクの弟子)が定式化した統一場理論の一部です。ハイムは、アインシュタインやホーキング博士など、多くの著名な物理学者がこれまで失敗してきた課題を追求したのです。

ブルクハルト・ハイムの「場の理論」は、12次元からなる世界観に基づいています。報フィールド」は7次元と8次元に局在します。その意味は、物理学をはるかに超えたところにあります。それは私たちの存在レベルであり、全ての疑問に対する全ての答え、私たちの宿命、そして全ての知識が保存される場所です。

TimeWaver技術は、情報分野の本質と機能を、それを熟知した人が意図的に応用できるという理論に基づいています。それは、地球と宇宙の情報フィールドに蓄積されたポジティブとネガティブ、長所と短所、正常と異常といった、、その人の心と体に関する全ての情報を取り出すことです。

TimeWaver創始者であり、発明者でもあるマーカス・シュミークは、ブルクハルト・ハイムに何度か直接会い、彼の研究について何度も議論を交わしたそうです。その出会いに触発され、彼の研究をより理解しやすくするため、また応用の可能性を見出すために、長い間研究を続けてきたのです。その結果、TimeWaverシステムの開発に至ったのです。

簡潔な情報フィールドの解説

著書「第二の道:情報フィールドでの私の人生」の中で、マルクスは、出版社から郵便配達の人に情報分野の説明を求められたとき、非常に簡単でわかりやすい説明をしました。

私たち人間は、自分の中に2つの側面を抱えています。まず、私たちの物質的な部分である身体、そして意識である心です。この二項対立(2つのものを分けるという意味)は、誰もが持つ世界観の根幹をなすものです。

物質的な身体と、心や意識は、非常に異なったものです。もちろん、これは必要なことであり、実際にはうまく機能しているのですが、私たちには身体と心がどうやって繋がっているのか、知る術はありません。!

物質と精神、身体と心の間をつなぐのは、いわゆる情報フィールドです。それは、物理的なものでも、また精神的なものでもありません。それは、その両性質を有するまったく新しいものであり、それゆえ、身体の言語から意識の言語へと翻訳することができるのです。

つまり、「心」は情報分野フィールドの中に形を作り出し、それが「物質」として現れるのです。また、その逆も然りです。物質世界は、情報フィールドを介して心に影響を与えることができます。

このことは、私たち人間にとって、非常に重要なことです。なぜなら、心と体が通じ合えないとき、同じ方向に向かわないとき、私たちは病気になるからです。生命とは、身体と意識、心と物質が調和していることを意味します。死とは、身体と意識が分離することです。

幅広い応用分野

私たちの経験では、TimeWaverシステムという形で、長年にわたって情報フィールドの応用に成功した形態は、情報フィールドの不均衡を分析し調和させることであり、しばしば周波数や微弱電流の応用と相乗的に作用しています。

このような応用は、意思決定、プロセス制御、明確な企業目標の達成支援など、商業的課題に取り組むための支援となるアイデアも与えてくれます。

TimeWaver Broschüren

パンフレットをご注文ください

読むことは、理解することTimeWaver製品パンフレットをPDFファイルとして注文し、TimeWaverの詳細を知ることができます。

TimeWaver Präsentation

オンライン・プレゼンテーション

見ることは、理解することオンラインプレゼンテーションを体験し、TimeWaverシステムで実現できる内容をご覧ください。

注意事項:Information Field(情報フィールド)での分析と調和は、病気や病状の治療、処置、緩和、診断、予防を目的としたものではありません。これは、情報分野から得た知見から有用な情報を導き出すための選択肢を、プロフェッショナルユーザーに総合的に提供することを目的としています。各専門家ユーザーは、アプリケーションが実務に有用かどうかを、自身の経験に基づいて評価する必要があります。また、データベースとモジュール内で使用されている用語は、その効果に関する記述ではありません。TimeWaverシステムの情報は、常に注意深く吟味し、必要であれば、さらなる手順で検証する必要があります。TimeWaverシステムは、常にユーザーの専門業務、ライセンスまたは認証の範囲内で、使用説明書および会社から提供されたマニュアルに従って使用する必要があります。情報分野技術は、TimeWaver社の独自技術です。精神と物質が交信する非物質的領域がInformation Field(情報フィールド)であるという理論に基づいています。これは、私たちがライフイベントの精神的な意味をどう考えているかを反映したものです。このようなフィールドの存在は、科学文献で議論されています。Information Field(情報フィールド)での分析は、Information Field(情報フィールド)の調和に寄与する情報パターンを探索することを目的としています。このため、物理的な騒音源のデータを評価することで、リストに配列された説明などのコンテンツに優先順位をつけます。当社のユーザーエクスペリエンスでは、この優先順位はユーザーにとっての関連性を反映しています。Information Field(情報フィールド)での分析は、ユーザーの意図など、分析時の様々な要因が複合的に反映されます。異なる時間に分析した場合、環境変数の変化により、異なる結果が得られる可能性があります。TimeWaverは、管理され無作為化された参加者のグループにおいて、非盲検のビフォー/アフター調査を実施しました。これらの調査は、応用後の参加者のウェルビーイングが高くなったことを示しています。これは、気やプラナとも呼ばれる生命エネルギーが、Information Field(情報フィールド)の調和によって再び流れ出すためだと考えられます。これは独立した研究では確認されていません。